失敗しないアパート経営。ファミリー向けアパートの土地選び。

前回、単身用アパート向けの土地を解説してきましたが、アパート経営にはファミリー世帯を対象とした物件もあります。ファミリー向けのアパートを建築する場合には単身用とは考え方を大きく変えなければ成功することはできません。

今回はファミリー向けアパート用地について解説していきます。

続きを読む

失敗しないアパート経営。単身用アパートの土地選び。

アパート経営にとって「立地」はとても大事なポイントです。特にここ10数年でサラリーマン大家は右肩上がりで増えており、今後も増加していくでしょう。そのため、アパート用の土地探しは競合が激しい状況です。駅から近いなどの好立地の土地には誰もが注目するでしょうが、あくまで投資ということを忘れてはいけません。

今回は新築アパート用地、特に競合が厳しい単身用アパート用地の選び方を解説していきます。 続きを読む

確定申告には注意を!不動産投資がばれるかも。

アパート経営などの普及によりサラリーマン大家さんが増加していますが、多くの投資家は会社に黙っていることでしょう。通常、会社は副業を禁止しているのが実態ですので、会社にばれないように不動産経営を行わなければなりませんが、確定申告で会社に副業がばれることもあります。 続きを読む

価格が安い?利回りが高い?中古収益物件のメリット・デメリット

投資用不動産のうち、中古物件の購入希望者が増加しています。私が営業している九州地方でも関東・関西以外に全国からの投資家はもちろん、海外の投資家からも引き合いがあるなど、新築物件に比べ利回りの高い中古物件を探している方は今後も増加していくことが予想されます。但し、中古物件を購入する際には新築に比べ、多くの押さえておくべきポイントがあります。今回は中古収益物件のメリット・デメリットを解説していきます。 続きを読む

新築収益物件のメリット・デメリット

アパート経営などの不動産投資において、新築物件を購入するのか?中古物件を購入するかで検討される場合があるかと思います。銀行からの融資が得られやすいので新築、利回りを追求するなら中古、といったように目的によって新築と中古のどちらを購入したほうがよいのか変わってきます。今回は不動産投資における新築物件のメリット・デメリットをみていきます。 続きを読む

未公開物件(非公開物件)は本当にお買い得か?

現在、不動産の販売や賃貸サイトは数多くあると思いますが、一般には公開されていないいわゆる「未公開物件(非公開物件)」というものがあります。ネットに出回っていない物件なので掘り出し物などがあるかもしれないということで、一般のお客様から未公開物件(非公開物件)はないのかという問い合わせを受けることがありますが、この「未公開物件」は本当にお買い得なのか?という問題もあります。今回はこの未公開物件について説明していきます。 続きを読む

不動産は「土地力」から探そう。「ふくまち.jp」の便利な使い方

今住んでいる所から引っ越したい、家を買いたいがどこの場所がいいのか?不動産投資で物件を探しているけどどこの場所がいいのか?

など、不動産を探すうえで最も初期に考えるのでは「場所」でしょう。静かな場所、駅やバス停から近い場所、買物するのに便利な場所など、様々な希望が出てきますが、そうした希望は物件の善し悪しというよりも住みたい地域、エリアによって左右されます。今回は土地が持つ力「土地力」から住みたいエリア、場所を探すことができる「ふくまち.jp」というサイトご紹介します。 続きを読む

知っておきたい!一括借り上げ(家賃保証・サブリース)の仕組みと注意点

アパート経営などの不動産投資で安定した収益を得ようとするなら一括借り上げ(家賃保証・サブリース)が便利と言われています。但し、一括借り上げの詳しい仕組みや注意点をよく把握せずに不動産投資を行った結果、将来大変な目にあうこともあります。今回は一括借り上げの仕組みとその注意点を詳しく説明していきます。 続きを読む

失敗しない売却を依頼する不動産会社の選び方

売却を依頼する不動産会社によって、物件がスムーズに売れるかが決まります。

もちろん価格を相場よりも安く出せばすぐ売却が可能でしょうが、売却する側からしてみると少しでも高く売りたいに決まっています。

では、どのようにして売却する不動産会社を決めたらよいのでしょうか?

それは物件査定を利用しましょう。

物件の査定はどの不動産会社も無料で行っていますので、物件査定時の不動産会社の対応によって仕事の質の高い業者かそうでないか分かることがあります。

見分け方にはいくつかのポイントがありますので見ていきましょう。 続きを読む

投資用物件を売るときのトラブル回避のポイント

投資物件を売却する場合には住まいや土地を売る時以上に様々な注意すべきポイントがあります。この注意点は不動産に精通しておかなければ気付かないこともありますし、購入者側から見てみると購入金額を減額する交渉の材料となりますので、売却する前にいくつか重要な点について確認しておきましょう。 続きを読む