不動産の売買は価格査定がなによりも重要である。

不動産業者がお客様から売却依頼を受ける時、まず初めに依頼された物件の価格査定をおこないます。物件の状態や近隣相場の調査など経て妥当と思われる価格を提示。依頼主が了承すれば販売活動となります。

これが、物件を販売に至るまでのプロセスですが、この価格査定は不動産業者によって内容はバラバラです。

不動産一括査定サイトのしくみとポイント

ここ最近、不動産の一括査定サイトをよく見かけます。いくつかの不動産業者に無料査定をおこなってもらうサイトですが、依頼主からしてみたら一番高い価格を提示した不動産会社に販売を頼むでしょう。一方、不動産会社からしてみたら、とりあえず販売物件を確保しなければ商売になりませんから、少しでも高めの価格を提示します。

実は査定の段階で物件が早期に販売できるのか、長期化するのか、高く売れるのか、安く売れるのかの重要なポイントとなっています。

物件価格をあまりに高く設定してしまうと、売れるまでに時間がかかり、それだけ多くの人が物件を見ることになります。

不動産というのは露出が多すぎると新鮮さに欠け、売れ残ることがよくあります。やり手の不動産会社は販売に当たり露出のバランスも考えますが、すぐにホームページに掲載する不動産会社はよくあります。物件が長く売れ残ると何か売れない理由があるのだろうかという心理が働き、ますます売れなくなってしまうということに陥るケースもあるので注意が必要です。

もちろん逆に安く設定しすぎると、すぐに売却が可能ですが依頼主にとってマイナスとなります。どちらにしても不動産会社の腕次第でありますが、ここ最近物件査定がいい加減なものをよく見ます。

例えば、土地の上に今にも壊れそうな古いアパートがあり、人が住んでる部屋もあるとします。当然、収益物件としての価値はないので土地値での販売となりますが、ここで大きな問題があります。

買い手側にとっては不必要な建物があるほか人も住んでいるので、建物の解体費用や立ち退き費用などがかかってきます。本来ならば、その辺りの事情を考慮して、更地の価格よりも安く販売価格を設定するのですが、更地並みの価格で売り出している物件をよく見かけます。少しでも高く販売するための戦略ならばいいのですが、価格査定の段階で物件の本来の価値を上手く売主に伝えていないこともよくありますので、このような物件はまず売れ残ってしまいます

その他、投資用の物件は収益性が物件の価格を決める大きなポイントですが、収益性を無視した値付けをする不動産業者もいます。立地が特別いいなどの特殊な事情もなくその物件の価値判断を間違えることは、不動産のプロとしては避けたいものです。

不動産は場所や広さによって用途の方法が様々です。用途にあった査定を行い適正な価格で価格を設定することが不動産業者の責任ですが、不動産業者も向き不向きがあります。

物件の売却を検討する際には、数社に価格査定をおこなってもらい、価格の妥当性をきちんと説明できる不動産業者によって任せることをオススメします。

 

福岡の不動産売却なら「リータス㈱」にお任せ下さい。