隣地境界の重要性

土地を買う場合、隣地との境界を杭などによって確認はすることは重要なことです。綺麗に区画分けされた分譲用地は隣地との境界にきちんと杭や鋲が打ち込まれていますが、古家がついているような土地やビルやアパートなどの投資用の物件を購入する場合、測量図はあっても実際の境界に杭がないことがよくあります。その場合は売主に境界の復元などを要請しましょう。

と、ここまでは普通の境界に関する注意点ですが、境界でもめる要素で意外に多いのは水路など行政が管理している土地との境界です。
水路などの法定外公共物は赤道・青道等といわれる土地で、道路法・河川法等の行政財産の管理に関する法令が適用若しくは準用されず国有財産(国土交通省所管の行政財産)として管理されていた土地をいいます。

従前より法定外公共物の財産は県、機能管理は市町村が行っており、これらの財産および機能管理を一体化するために地方分権一括法により、国に対して市町村が譲渡申請したものについては、市町村が管理することとされました。
しかし、実態は国や県からあまり状況の把握できていない水路などを市町村が押しつけられた格好となっており、様々な場所でトラブルが発生したしています。

私が土地の売買で関わったケースでも、隣地に古い水路が通っていました。
見た目はブロックで水路と土地との境界がはっきりしていたのですが、測量を行って行政と土地の境界を確定させる際に、水路部分の幅は見た目よりも広いということになり、土地の広さが全体で3坪ほど減少しました。

行政側の主張としては水路の幅というものは決まっており、現況の幅が規定よりも狭くても規定以上の幅を確保するとの一方的な主張でした。
きちんと水路の管理をおこなっているのならまだしも、何の補修も行わずに主張だけをする行政の対応には呆れましたが、ここでもめても境界ラインが確定しないので、渋々行政の主張をのみました。

このように行政とのやり取りの場合は融通が効かないので泣き寝入りになることがよくあります。私が経験したケースは古い街並みの場合によくあることかもしれませんので、勉強になりましたが、納得できない部分は大きいです。

 

福岡の不動産なら「リータス㈱」にお任せ下さい。