還付で利益を出す?新築マンション投資のカラクリ。

数ある不動産投資の中で、新築ワンルームマンション投資は少し違った仕組みです。それは、毎月赤字が出るということです。

一般的な例で見ますと、約800万円の新築マンションをフルローンで購入するとします。

家賃収入からローンの返済や管理費用などを引いていくと、毎月5,000円程度の赤字が発生します。固定資産税なども考えると、年間で10万円近くの赤字が発生します。

赤字なのにマンション経営が勧められる理由

ここで不動産投資特有の税務処理が利用できるのです。

サラリーマンの場合は給料を会社から受け取る時にあらかじめ源泉徴収されており、所得税などが引かれていますよね。ここで、不動産投資で赤字が発生している場合、確定申告することにより税金が還付されます。簡単に言うと払い過ぎた税金が帰ってくるという仕組みです。

確定申告というと一般の方は面倒だと考えられますが、大方の場合はマンションを購入した会社がサポートしてくれます。また、家賃保証などのバックアップも充実していますので、会社員にとっては取り組みやすいと思われるでしょう。

払い過ぎていた税金も還ってくることも、得した気分になりますよね。

このような理由でマンション投資はサラリーマンに浸透しているのです。

 

福岡の不動産投資なら「リータス㈱」にお任せ下さい。

還付で利益を出す?新築マンション投資のカラクリ。」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。