入居募集のポイントはAD

賃貸不動産の業界でADと言われているものがあります。
既に投資用不動産をお持ちも方はご存知だとは思いますが、ADとは広告料のことです。但し、実際にかかる広告費のことではなく、賃貸業者が入居付をした場合に家賃の一ヶ月分などオーナーから貰える一システムのことです。

不動産の賃貸付業者が受け取れる仲介手数料の上限は家賃の一ヶ月分と決められています。しかし、依頼者(賃貸人)が特別に出張や広告を依頼した場合、仲介人は此れを請求できるものとしています。但し、あくまでもこの広告料は任意でのことなので拒否することもできます。

よく、相談サイトで広告料は支払う必要がないなどとの専門家?の意見を見かけますが、広告料は是非払ってあげましょう。むしろ、この広告料によって賃貸の入居率が大きく変わってくると言っても過言ではありません。

例えば、賃貸営業マンの立場になって考えてみます。
あなた一部屋月4万円の部屋と月5万円の部屋の賃貸付を依頼されたとします。便宜上、部屋の間取りのは同じ1ルームタイプとします。月4万円の部屋のADは無し、月5万円の部屋はAD1ヶ月分をオーナーからいただけます。
一般的に考えると、月4万円の部屋の方が家賃が安い分営業マンのし易いと思われますが、賃貸業界ではやや状況が変わってきます
月4万円の部屋が成約にした場合に貰える報酬は仲介手数料の4万円(家賃の一ヶ月分)のみ。一方月5万円の部屋の場合には仲介手数料の5万円とADの5万円の計10万円の報酬を得ます。
営業マンなら利益が大きい方に力を注ぎますよね。
今回の例ではADは一ヶ月分ですが、最近は2ヶ月、3ヶ月分を支払うオーナーもいます。賃貸のシーズンを過ぎた場合には半年以上も入居が付かない恐れもあるので、多少高い報酬を払っても賃貸付を優先するのでしょう。

ADに関しては地域により相場はマチマチで、ADの概念すら無い地域もあります。
投資家の方にとっては、一定の地域に物件を集中するよりも様々な地域に分散したほうが安定した賃貸経営ができますので、その地域の慣習を知ることが重要です。
特に今回話しましたADに関しては賃貸付の大きなポイントとなりますので注意しましょう。

 

福岡の不動産投資なら「リータス㈱」にお任せ下さい。