住まいを売るときのポイント

最近、不動産の価格が徐々に上昇傾向にあります。それに伴い、所有する住まいを売却しようとする方が増えてきています。

今回は住まいを売るときのポイントを詳しく説明していきます。

1、売却時期を考える

住み替えを目的に新たに住居を取得する場合には、所有している物件の売却時期と新たに購入する物件の取得時期をいつにするのかが重要なポイントです。

転勤や転校などで引っ越しの時期が決まっている場合には購入時期を、住み替え予算に限りがある場合には売却する価格を重視しなければなりません。

つまり

①    売却と購入を同時に行う

②    売却を先に検討する

③    購入を先に検討する

上記3項目の検討を行う必要があります。

①    売却と購入を同時に行う

売却と購入を同時に進めていく場合には、現在の住まいを購入する側と新居の売主側とで価格や引渡し時期などについてバランスを取らなければなりません。

契約する相手方の意向によって左右されますので困難な作業になることが予想されます。

 

②    売却を先に検討する

現在の住まいの売却先を見つけた上で、新たな物件を購入する場合には、予定する売却価格を踏まえた上で新居購入しますので、資金計画が立てやすくなります。

但し、購入の進捗状況に応じて現在の住まいの引渡し時期を調整する必要がありますので、仮に新居の購入が遅れた場合は一時的に賃借で仮住まいを用意する必要があります。

 

③    購入を先に検討する場合

じっくりと新居を探すことができますが、現在の住まいの売却金を新居の購入に充てる場合には、ある程度余裕のある資金計画を立てておきましょう。売却金が予定していたよりも低い時には現在のローンが残ったり、最悪新居の購入を断念しなければならないリスクがあります。

 

2、土地や建物の現状について包み隠さず説明する。

不動産を売却する上で仲介業者から物件の状況について様々な質問をされると思いますが、営業の担当者に正確に状況を説明していない場合には売却が難航することがよくあります。

特に購入希望者が自己の住居として物件を利用する場合には、隣地との境界の有無や建物内のキズなど前もって正確に説明しておきましょう。

物件についての不安要素は売却金額の価格交渉の材料になりますので、例え不動産の担当営業マンが質問してこない項目についても正確に伝えておくことをお勧めします。また、建物内の修繕を行っている場合には修繕履歴も作成しておくと、購入希望者に対しても誠実な売主であるとイメージされますので契約がスムーズに進むことがあります。

 

福岡の不動産売却なら「リータス㈱」にお任せ下さい。