失敗しない売却を依頼する不動産会社の選び方

売却を依頼する不動産会社によって、物件がスムーズに売れるかが決まります。

もちろん価格を相場よりも安く出せばすぐ売却が可能でしょうが、売却する側からしてみると少しでも高く売りたいに決まっています。

では、どのようにして売却する不動産会社を決めたらよいのでしょうか?

それは物件査定を利用しましょう。

物件の査定はどの不動産会社も無料で行っていますので、物件査定時の不動産会社の対応によって仕事の質の高い業者かそうでないか分かることがあります。

見分け方にはいくつかのポイントがありますので見ていきましょう。

1、物件査定に根拠はあるか

物件の査定には取引事例比較法、原価法、収益還元法などがあります。

この内一般的によく使われるのは取引事例比較法で、周辺の取引相場から価格を決めていくことです。

投資用物件の場合には収益還元法を利用しますが、収益還元法というのは物件の収益性から販売利回りを計算した物件価格を決めていく方法です。

このような査定方法をもとに価格を決めていくことになりますが、大事なのは価格の求め方の中で、査定を依頼した物件の特性が考慮されているかです。

どういうことかと言いますと、不動産というのは一つとして同じものはありません。ですので物件を実際に目で見て確認し、プラスの材料、マイナスの材料を見極めて価格を決めていく作業が必要となります。

言いかえれば、このプラス・マイナスの材料を見つけきれない不動産会社の査定にはあまり根拠がないと言ってよいでしょう。

 

2、販売方法について説明があるか

不動産にはそれぞれの特徴があります。

例えば土地を売る場合には、その土地が住宅に向いているのかアパートに向いているのかなど特徴を把握しなければなりません。

販売するターゲットを間違えてしまうと長期間物件が売れない場合もありますので、営業手法について十分に検討しておかなければなりません。

営業手法といっても様々な方法がありますが、最近ではインターネットの普及によって顧客自ら物件を探し出して問い合わせしてくることが多くなりました。

そのため、不動産の営業マンが自らアクションを起こさなくてもお客が向こうからやってくるため、具体的な販売手法を示さない業者も増えてきています。

ただし、販売手法といってもネット上で掲載するのか、新聞広告やチラシを打つのか、オープンハウスなどイベントにより集客するのかなど、様々な方法があります。

できる営業マンというのは物件を預かる段階で、販売までのイメージができているものですので、販売方法についての説明も行ってくれる業者が信頼できるでしょう。

 

3、大手不動産会社だからといって安心はできない

大手の不動産会社に任せているからといって、希望通りに販売できるとは限りません。

大手業者は日々数多くの物件を預かっていますので、一つの物件に集中することができません。

小規模でも販売手法などが的確な会社の方がスムーズに売却が進むこともよくあります。

ではなぜ、大手不動産業者が安心だと思われるのでしょうか?

大手業者には多くの営業マンがいるため物件が売れ安い?

広告宣伝費をたくさん使っているから客からの問い合わせが多い?

など、いろいろな理由があると思いますが、

まず大手業者でなくても、不動産業界にはレインズという流通機構がありますので、ここに物件を登録すれば他の業者が客に物件を紹介してくれます。そのため、小規模経営を行っている業者でも多くの業者を通じて客に物件を紹介できます。

大手業者は広告宣伝費を多く使っているのは確かでしょうが、数多くの物件を扱っている中であなたが依頼した物件を広告してくれることはあるのでしょうか?もし、広告してくれるのであればそれは客を引き寄せることができる物件です。つまり、物件が周辺の相場よりも安い、立地が良いなど他の物件に比べ目に引く物件を広告に載せているのです。そうでない物件は広告に載せてもらう可能性は低いでしょう。

不動産の取引というのは一生の内に何度もあることは稀です。そのため、しっかりとしたプロの助言が必要となりますので、様々な不動産業者の中から的確な提案を行う不動産会社を選びましょう。

 

福岡の不動産売却なら「リータス㈱」にお任せ下さい。