これって事故物件?

ちょっと前の話ですが、ある中古住宅の売却依頼がありまして、私の勤める会社で買ってくれないかとの相談がありました。その物件が実は事故物件かもしれないとのことで値段はかなり安かったので一応検討しました。

ところで事故物件とは?との疑問があると思いますので、簡単に説明します。

不動産業界において事故物件とは、その場所で自殺や事件がおこった物件のことを言います。不動産業者が土地や建物を仲介するときに、重要事項説明というものをしなければなりません。物件についての法的な制限などを説明することです。

その中に自殺や事件、火事などが以前おこっていた場合には必ず説明しなければならないことになっています。

ただし、今回のケースは特殊な状況でした。

売主様は数年前に不動産業者から中古住宅を購入されましたが、買った後にご近所から昔自殺があったことを知らされました。この物件を販売した不動産業者は自殺があった事実を知らないまま販売してしまい、買った方は裁判を起こしました。

裁判の中で自殺があった事実やいつおこったのかが争われましたが、結局自殺があった事実を証明することはできず、買われた方は裁判に負けてしまいました。

買われた方は当然このまま住み続けることはいやなので、売却を希望されました。

このようなケースの場合、重要事項説明に記載しなければならないのか?

自殺が証明されていない以上、重要事項説明に記載する必要はありません。

また、仮に自殺が証明されても、建物を壊し更地にして販売するなら、これも重要事項説明に記載する必要はありません。

ただし、自殺や事件がおこったという噂自体が流れていたら、いやな気分になりますよね。

結局、この物件は検討したものの、購入することは断念しました。

その後、この中古住宅は売れたかどうかは定かではありませんが、稀に事件事故がおこった場所も気にせずに住める神経が図太い方がいらっしゃるので、このような方が購入されていればと思います。

不動産会社の調査は必ずしも完璧ではありません。

最近は念入りに調査をし、不都合な事実があった場合は各社きちんと説明する傾向にありますが、昔の不動産業者は知っていても隠すことがよくありました。

そうしたことが気になる方は、不動産を購入する前に隣近所に話を聞き、過去に問題がなかったかどうかの確認をすることをお勧めします。

 

福岡の不動産なら「リータス㈱」にお任せ下さい。