カテゴリー別アーカイブ: 不動産物件選び

失敗しないアパート経営。ファミリー向けアパートの土地選び。

前回、単身用アパート向けの土地を解説してきましたが、アパート経営にはファミリー世帯を対象とした物件もあります。ファミリー向けのアパートを建築する場合には単身用とは考え方を大きく変えなければ成功することはできません。

今回はファミリー向けアパート用地について解説していきます。

続きを読む

失敗しないアパート経営。単身用アパートの土地選び。

アパート経営にとって「立地」はとても大事なポイントです。特にここ10数年でサラリーマン大家は右肩上がりで増えており、今後も増加していくでしょう。そのため、アパート用の土地探しは競合が激しい状況です。駅から近いなどの好立地の土地には誰もが注目するでしょうが、あくまで投資ということを忘れてはいけません。

今回は新築アパート用地、特に競合が厳しい単身用アパート用地の選び方を解説していきます。 続きを読む

価格が安い?利回りが高い?中古収益物件のメリット・デメリット

投資用不動産のうち、中古物件の購入希望者が増加しています。私が営業している九州地方でも関東・関西以外に全国からの投資家はもちろん、海外の投資家からも引き合いがあるなど、新築物件に比べ利回りの高い中古物件を探している方は今後も増加していくことが予想されます。但し、中古物件を購入する際には新築に比べ、多くの押さえておくべきポイントがあります。今回は中古収益物件のメリット・デメリットを解説していきます。 続きを読む

新築収益物件のメリット・デメリット

アパート経営などの不動産投資において、新築物件を購入するのか?中古物件を購入するかで検討される場合があるかと思います。銀行からの融資が得られやすいので新築、利回りを追求するなら中古、といったように目的によって新築と中古のどちらを購入したほうがよいのか変わってきます。今回は不動産投資における新築物件のメリット・デメリットをみていきます。 続きを読む

避けられない家賃下落リスクの考え方

不動産投資を行う上で、空室リスクと同様に絶対に避けられないものが「家賃下落リスク」です。投資物件を選ぶ際にはこの「家賃下落リスク」を考慮したうえでの物件選びが、不動産投資を成功させるポイントと行ってもいいのでしょう。今回はこの「家賃下落リスク」を詳しく説明していきます。 続きを読む

団体信用生命保険の注意点

皆さんが住宅を購入される時、ほとんどの場合住宅ローンを利用されるでしょう。その際、万が一のことを考えて団体信用生命保険(以下:団信)に入られることがあると思われますが、団信には覚えておかなければならない大きな注意点があります。それは相続が起きた場合に残された家族に住宅がきちんと相続されるのか?です。 続きを読む

投資物件の売り時と耐用年数

消費税増税の影響に加え、アベノミクスへの期待から不動産価格の高騰が期待されています。事実、都心部の不動産の売買価格はやや上昇傾向にあることから、更なる不動産価格の上昇を期待して不動産オーナーによる売り控えも起こっています。
しかし、減価償却により価格が目減りする建物付きの不動産の場合は、建物の築年数によって銀行から受けられる融資の返済年数が決まります。特に投資用不動産の場合は建物の耐用年数をもとにローンの返済年数が算出されますので、売却の際には建物の築年数も考慮に入れなければなりません。今回はこうした投資用不動産の最適な売り時を考えていきたいと思います。

続きを読む

中古マンションを少しでも高く売るための販売方法

消費税増税を前に住宅購入需要が増加しています。特に価格的にお求めやすい中古マンションの購入希望者が後を絶たない状態となっていますが、売主側にとっては少しでも高く売りたいところです。しかし、中古物件は販売の仕方ひとつで売れる価格が大幅に変わってしまうことがあります。

そこで今回は中古マンションを少しでも高く売るための販売方法をみていきます。 続きを読む

競売物件で不動産投資

不動産投資で成功する大きな要素に利回りがあります。この利回りの高い物件を取得するにはどれだけ安く物件を購入することができるかがポイントです。しかし、ここ最近は全国的に投資用物件の価格が上昇しており、総じて利回りは低くなっています。

そこで近年注目されているのは競売物件です。

続きを読む