カテゴリー別アーカイブ: 不動産売却

失敗しない売却を依頼する不動産会社の選び方

売却を依頼する不動産会社によって、物件がスムーズに売れるかが決まります。

もちろん価格を相場よりも安く出せばすぐ売却が可能でしょうが、売却する側からしてみると少しでも高く売りたいに決まっています。

では、どのようにして売却する不動産会社を決めたらよいのでしょうか?

それは物件査定を利用しましょう。

物件の査定はどの不動産会社も無料で行っていますので、物件査定時の不動産会社の対応によって仕事の質の高い業者かそうでないか分かることがあります。

見分け方にはいくつかのポイントがありますので見ていきましょう。 続きを読む

投資用物件を売るときのトラブル回避のポイント

投資物件を売却する場合には住まいや土地を売る時以上に様々な注意すべきポイントがあります。この注意点は不動産に精通しておかなければ気付かないこともありますし、購入者側から見てみると購入金額を減額する交渉の材料となりますので、売却する前にいくつか重要な点について確認しておきましょう。 続きを読む

不動産売却の流れ

多くの方は不動産を売却する場合、まず不動産仲介業者に相談されると思われますが、相談した不動産仲介業者次第、もっと言うなら担当した営業マン次第で売却する物件がスムーズに売れるかが大きく変わってきます。

売却の相談を行う前に大まかな流れを知っておくことが大切です。 続きを読む

住宅の買替えで失敗しないためには

消費税増税前の駆け込み需要で不動産市場、特に住宅業界は活性化しています。所有している物件を売却、もしくは新たに購入しようとしている方も多いと思われますが、現在所有している物件を売却して新たに購入する、いわゆる「買替え」を考えている方も多いでしょう。

買換えは購入を先にするのか、売却を先にするのかによりいくつかの注意点があります。買換えで失敗しないためのポイントをみていきます。 続きを読む

投資物件の売り時と耐用年数

消費税増税の影響に加え、アベノミクスへの期待から不動産価格の高騰が期待されています。事実、都心部の不動産の売買価格はやや上昇傾向にあることから、更なる不動産価格の上昇を期待して不動産オーナーによる売り控えも起こっています。
しかし、減価償却により価格が目減りする建物付きの不動産の場合は、建物の築年数によって銀行から受けられる融資の返済年数が決まります。特に投資用不動産の場合は建物の耐用年数をもとにローンの返済年数が算出されますので、売却の際には建物の築年数も考慮に入れなければなりません。今回はこうした投資用不動産の最適な売り時を考えていきたいと思います。

続きを読む

不動産売却時に注意すべき税金

景気回復の兆しを受け、不動産価格の高騰が期待される昨今、不動産売買の件数も徐々に増加しつつあります。先祖代々受け継いできた土地も価格が上昇しつつあるのなら、この際売却しようと考える方もいると思いますが、売却後の税金について考えておかなければなりません。今回は個人が不動産を売却した時にかかる税金と売る前に知っておきたいそのポイントについてまとめていきます。  続きを読む

中古マンションを少しでも高く売るための販売方法

消費税増税を前に住宅購入需要が増加しています。特に価格的にお求めやすい中古マンションの購入希望者が後を絶たない状態となっていますが、売主側にとっては少しでも高く売りたいところです。しかし、中古物件は販売の仕方ひとつで売れる価格が大幅に変わってしまうことがあります。

そこで今回は中古マンションを少しでも高く売るための販売方法をみていきます。 続きを読む